コンテンツにスキップ

再見!アラーキー(5) 空

空の写真というのは、難しい。 雲や光のディティールを面白がれる人じゃないと、撮る方も見る方もすぐに退屈してしまう。 その点荒木はスゴい。 空だけでも"魅せて"しまうのだから。

カラーとモノクロ、両方やるから面白い。 空の魅力といったら普通、色の変化であろう(朝焼け、昼晴れ、夕暮れ、etc.)。 しかしあえて色を消してみると、モノクロの方が雲の量感や陰影がよくわかる。 モノクロを見た後にカラーに戻ってくると、自然が生み出す色彩の妙味を新鮮に感じることだろう。

xxx

定点観測

空撮りは荒木のライフワークだ。 自宅のバルコニーに三脚を立て、日課のごとく定点観測を続けてきた。 空は常に変化していく。 同じ状態の空というのはありえない。 この一期一会の瞬間こそ、荒木を空撮りに駆り立てる原動力なのである。

空は1日中見てても飽きないよ。灰色から燃えるような橙、赤、で、真っ暗。夕方のたった30分の間にそんだけの変化があるんだもん。

写真を並べてみればその意味がイッパツでわかるはずだ。 「同じ地点から撮っている(ヒント:電柱、屋根、木)」というのがミソで、空の表情が刻々と転変している現実を見せるのに、最もストレートで迫真性のある方法がとられている。

xxx xxx

空景

空を写し始めたきっかけは妻の死だった。 陽子さんが亡くなってから、空と花と空っぽのバルコニーが荒木の被写体となった。 この時の写真は『空景』『近景』の二部作に収められている。

アタシの場合、妻の死によって空がはじまり、花がはじまっているんですよ。アタシを写真家にするために、大天才にするために妻が死んだのかもしれない。そんなふうに思ってしまうこともあるね。

荒木の空写真を語るうえで外せないのが『空景』だ。 モノクロームで撮った空写真にカラーインクでペインティングを施した。

パステル調の穏やかな色彩。

xxx

迫りくる雲。狂気を感じる。

xxx

電線で色面を分けてみる。

xxx

激しい筆跡。

xxx

全面を塗りつぶして、空なのかどうかもよくわからない。

xxx

ぼかし。

xxx

遺作 空2

『遺作 空2』は前立腺がんの手術を終えた荒木が死を意識して作った写真集。 『遺作 空1』の続編というわけではなく、荒木らしい言葉遊びで「空に」を「空2」と言い表している。1 英語版のタイトルもイカしてて、"2THESKY"(i.e. to the sky)

なんで『空2』かって。「に」や「ニ」じゃダメなんだ。「2」じゃないと。昔から言ってるけど、写真というのは現実や人生の模倣、現実の贋作であって、創作じゃないんだよ。だから2番目のコトなんだよね。全部、0(霊)感でやってるんだけどさ。空に何かを描いて「もうひとつの私の空」を創るっていう気分もあった。

この写真集にストレートな空写真はない。 モノクロの空写真に何かしら手を加えた作品が収められている。 以前から取り組んでいるペインティングに加えて、書やコラージュにまで手を広げている。 写真家という範疇を軽々と超えてしまう荒木に誰が敵うというのか。 向かう所敵なしである。

描くのに時間をかけちゃダメなんだ。一瞬にして空間と時間を捉えなくちゃ。シャッター・チャンスと同じだよ。その時、何かしたいっていう気持ちを止めないで、バーンとやる。そうすっと、予想を裏切ってすごくいいもんが出来るんだ。こうしようああしようと思ってると、名作が出てこない。俺、完全に写真家の眼で描いてるね。

空の写真が無地のキャンバスになる。

xxx

「がん」というものの色や形をイメージして描いた。

xxx

月がないなら描いてしまえばいいじゃない。 実がないなら描いて描いてまえばいいじゃない!

xxx

空に浮かぶ唇あるいは女陰。 どうしてもマン・レイを連想してしまうのだが、「たまたまかぶってしまったけど、本当に広島でこんな雲を見たんだ」と荒木自身が釈明している(笑)。

xxx

これ何だろう?と思ったら、「星」の古代漢字らしい。 空に浮かぶ星。

xxx

闇夜に飛び散るスペルマ。いいねえー!最近こんな勢いないけどね。ハハハ。

xxx

7月7日、結婚記念日。もし別れても、年に一回は会おう、セックスしようって陽子と約束したんだ。だから天の川。

xxx

シュルレアリスト荒木経惟。 コラージュのセンスも抜群。

xxx

旧宅"ウィンザースラム豪徳寺"から梅ヶ丘に引っ越した後も、空の定点観測は続いている。 豪徳寺のバルコニーでは西の空を撮っていたが、梅ヶ丘の屋上からは東の空を写している。 xxx

関連項目

ソース

  • 荒木経惟『空景』新潮社 1991
  • 荒木経惟『空』ワイズ出版 2008
  • 荒木経惟『遺作 空2』新潮社 2009
  • 荒木経惟『センチメンタルな空』ラットホールギャラリー 2012
  • 荒木経惟『写狂老人A』河出書房新社 2017
  • 荒木経惟『梅ヶ丘慕情』タカ・イシイギャラリー 2019

  1. 野暮な説明してごめんなさい、アラーキー。 


最終更新日: 2024-07-17